本文へ移動

フルハーネス特別教育のご案内

フルハーネス特別教育のご案内

労働安全衛生法第59条第3項により、高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)を行う労働者は、特別教育を受けなければなりません。
 
受講資格
満18歳以上
 
講習料金  ※会員か否かご不明な場合は、電話でお問い合わせください。
◎(一社)千葉労働基準協会会員  9,900円(消費税10%込み/テキスト・資料代含む)
◎会員事業場以外(非会員)の方  12,100円(消費税10%込み/テキスト・資料代含む)
※消費税改正・テキスト改訂等により、年度途中でも金額が変更される場合があります。
 
講習会場
 千葉県経営者会館(千葉市中央区千葉港4-3)
  ※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
 
カリキュラム
本講習では一定の作業経験のある方や、特別教育を受講された方々への科目省略はいたしません。
 科目範囲時間
学科作業に関する知識
①作業に用いる設備の種類、構造及び取扱い方法
②作業に用いる設備の点検及び整備の方法
③作業の方法
1時間
墜落制止用器具(フルハーネス型のものに限る。
以下同じ)に関する知識
①墜落制止用器具のフルハーネス及びランヤードの
 種類及び構造
②墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
③墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法及び選定方法
④墜落制止用器具の点検及び整備の方法
⑤墜落制止用器具の関連器具の使用方法
2時間
労働災害の防止に関する知識
①墜落による労働災害の防止のための措置
②落下物による危険防止のための措置
③感電防止のための措置
④保護帽の使用方法及び保守点検の方法
⑤事故発生時の措置
⑥その他作業に伴う災害及びその防止方法
1時間
関係法令安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項0.5時間
実技墜落制止用器具の使用方法等
①墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
②墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法
③墜落による労働災害防止のための措置
④墜落制止用器具の点検及び整備の方法
1.5時間
※学科・実技1日の講習となります。実技科目に使用するフルハーネス型墜落制止用器具はご持参ください。
 
修了証について
講習終了後、修了者に修了証を交付します。(原則即日交付)
 
TOPへ戻る